心から笑う貴方を見たい

PICUP

医師

どんな場所かを知る

心療内科や精神科は、世間から見るとあまり良いイメージを持たれません。しかし、現代人が心に闇を抱えるようになってから、気軽に相談が出来る機関として根付いています。1人で抱え込まず、心療内科がどのような場所なのかを知りましょう。

CONTENT

役割がある

カウンセリング

企業向けに派遣されるカウンセラーは、心療内科へやってくる患者のケアに力をいれています。社内スタッフとして置く場合もあるので、今後かなり重要な人物になるはずです。

詳細

良い先生と出会う

笑顔

精神系に問題を抱える患者は多いです。現在進行形で増え続けており、今後はより加速するでしょう。万が一の事を考え、頼れる心療内科を探しておくことは大変重要です。見つけ方を知りましょう。

詳細

違いを認識する

パズル

人間関係や恋愛といった人が絡み合う世界で上手く生きていけない人もいます。良い人がいる一方、悪さをして人の心をもてあそぶ人もいます。人を平気で傷つけるため、被害者は心に鍵をかけてしまいます。一度付けられた傷は時間が経過してもぶり返します。普通の傷なら薬を塗って経過と共になくなりますが、心の場合は何度拭いてもまた出てきます。こうした心に深い傷を負った人は、主に精神科で治療を行なうケースが多く、心療内科との違いは、うつ状態と不眠症といった過去のトラウマや多岐に渡るストレスで発症した時に力になるかどうかです。精神科と言うと、世間ではあまり良いイメージを持たれることが少なく、精神科でも心療内科として看板を掲げる医院も珍しくありません。実際は症状によって受けるべき病院が異なりますから、それを踏まえて病院探しを行ないましょう。

心身症と逆らい、原因不明の体調不良に悩まされる場合は心療内科を受診します。怪我や病気といった目に見える症状ではないため、精神的なケアが不可欠になります。この場合、病院を転々とする場合が多く、体を検査しても異常が見当たらないことがほとんどです。常に体がだるく何もする気が起きないなら、知らない内に心の病気にかかっているかもしれません。心療内科は、そうした治療に大変強く、悩みを聞き出しそれを改善することを共に行ないます。原因不明の体調不良が続く毎日は、常に気持ちは沈んだままです。明るい未来が想像できず、殻に閉じこもってしまえばやがて精神病を誘発します。それを未然に防ぐためにも、心療内科への受診が重要になります。

精神科との違いですが、治療に関してはカウンセリングが一般的です。うつ病がその代表で、抗鬱剤を併用することでさらに効果を高め、深い闇から救い出します。脳の活動は薬を使うことで活発化され、改善を図るので、カウンセリングを受けないよりは遥かに良い結果を残してくれます。カウンセリングでは常に患者の悩みや心の葛藤に向き合い、耳を傾けることによるダブル効果で心を晴らしてくれます。心の問題である心身症の場合は、心療内科の考えで脳の活動に何らかの問題が生じていると言います。活動バランスが崩れていくと、心と反して体調を崩しやすくなります。心療内科だけではなく、精神科の力が必要になり2つの情報を照らし合わせながら心のケアをしていきます。光を使った検査では、血流のパターンが健常であるかを判断してから開始します。異常が見つかった場合、ほとんどが精神に何らかの問題を抱えているケースが多いです。心療内科に訪れる患者も、この結果で統合失調症と診断される場合もあり、症状の種類を知るとピンポイントで治療ができます。副作用もなく、安心安全に続けられるため、心療内科と精神科の新しい治療法に今注目が集まっています。

NEWS

POPULARITY

あるかもしれない接点

頭を抱える

社会に出て働いているなら、心療内科や産業医と接点を持つ時が来るかもしれません。産業医は主に大手企業になりますが、心の病を発症した場合にはお世話になる時が来るでしょう。知っておいて損はありません。

詳細

TOP