どんな場所かを知る

医師

時代の流れなのか、モラルハラスメントやセクシャルハラスメントといった心の暴力が加速しています。周囲に相談できず、黙って時が過ぎるのを待っている人も多いでしょう。昔は、精神科や心療内科は世間であまり良い場所だとは言えず、避けられている場面も多々ありました。ところが最近は漫画やドラマ・映画で取り上げられるようになり、精神疾患がテーマの作品が作られるぐらいです。その流れで、人目を避けながら来院していた状況から、気軽に相談が出来る場として定着し、今に至ります。総合的に診てくれる病院もあれば個人で心療内科を営む医師もいます。どんな場所なのかを知ることで、心療内科の内枠が分かるので、意識を変えるきっかけ作りになります。

精神科とは主に、精神的に危害を加えられた患者を積極的に受け入れる場所です。代表的なのがうつ病と双極性障害で、精神疾患の中でも非常に多い症例です。患者の話しを聞いていき、希望に沿うよう治療計画を立てていきます。精神科へやってくる患者の多くは心の病を抱えていますが、見た目は普通の人と変わりはありません。ただ、精神に大きな負担がかかっているため、心の底から元気な患者は非常に少ないと言えます。過去のトラウマなど、心療内科や精神科へ通う程の症状が出ているなら、早急な改善を目指すため積極的に病院への受診を心がけた方が良さそうです。

精神科の場合は、心に何らかの障害があることを意味しますが、心療内科の場合は心身症の病気を扱うのが一般的です。疾患が数多く見られますが、基本的に大きな病院で検査をしても異常なしとみなされるケースが多いです。このような形で何件も病院を回る患者が多いのですが、最後に行き着くのは心療内科になります。この場合、精神科のようなうつ状態ではなく、人間関係や恋愛などのストレスが原因である場合もあります。そのため、血液の検査や全身の精密検査をしても診断が下せないのです。心療内科の治療は、体と心の両面から治療を施します。普通の人と変わりはありませんが、皆何かしらの問題を抱えやってきます。精神科と心療内科の病は、取り扱いが違いますが、病原は基本的にストレスである場合がほとんどです。近年は、2つを併設する形で掲げているケースが多いので、病院へ行く場合は情報収集をしっかり行ないましょう。

精神科や心療内科へやってくる患者は、心の病を抱えています。病院を受診しても、原因不明である、または異常なしと言われたなら、精神系の病気を疑った方が良いかもしれません。ストレスによる脳の活動バランスの崩れで病を引き起こし、やがて精神疾患へ移行します。原因である脳を中心に血流を徐々に増やしていくので、治療を続けていくうちにだんだん症状が和らいでいきます。心の病を根本的に治したい場合は、治療内容を必ずチェックするようにしましょう。自分の体のためを考えた治療を中心に行なうことができれば、完治も早くなります。

TOP