良い先生と出会う

笑顔

ストレスが原因で心身症を患う患者が増加していますが、その影響で精神科や心療内科が徐々に増えています。診てほしくても何処の病院を選択すれば良いか迷うのは当然です。これだけの数がありますから、基準がないと難しくなります。ポイントは医師のタイプと相性です。成績優秀で患者からの信頼が厚い先生でも、自分に合わないと治療が思うように進みません。悩みを吐き出すこともできず、治るかも分からない状況の中生活を送るのは心身症や精神を患っている患者にとって、まさに生き地獄です。外科や歯医者でも同じことが言えますが、この場合治療方針や治療実績で評判の良い場所を選択するでしょう。それと同じで心療内科もある程度治療方針が決まっていたりします。評判が良いから決めるのではなく、いくつか病院をピックアップしていき、相性の良い心療内科を見つける事が完治への近道になります。治療は薬や脳機能のバランスを正常にすることと、心理カウンセラーによる治療を並行して行ないます。しかし治療内容は心療内科で異なるため、各病院のホームページを使った情報収集が欠かせなくなります。治療に使用する薬が体に合わないケースもあるので、不安や疑問が生じた場合は遠慮せず積極的に質問を投げかけましょう。これもしっかり治療をするための大事な行動です。

心療内科では、連日多くの人が症状を訴えやってきます。皆、病気を治すためにやってくるので、これから治療をする場合には意思を固める必要があります。心療内科で行なう治療は、医師が決定します。今の状態と向き合うのが患者の役目になるので、治るか治らないかは自身にかかってきます。心療内科の治療は、医師と患者の信頼関係がないと難しくなります。初対面同士であるため、最初から患者の全てを知っているわけではありません。自分をさらけ出すことが出来る信頼し合った関係が築ければ、完治もすぐそこでしょう。注意したいことは、何でも医師にお任せすることです。頼りっぱなしは、本人に治す意思がないとみなされ、治療が長引く可能性があります。薬や治療の流れは時間をかけ相談していき、自分が信頼出来ると確信した場所がその心療内科なら、安心して任せられるのです。

TOP