あるかもしれない接点

頭を抱える

生活のために働くことは当然のことであり、嫌でも会社へ行かないといけません。業績も素晴らしく、順調に行っている仕事でも、人間関係の影響で一気に崩れる場合があります。ストレスも尋常ではなく、病を引き起こす可能性は十分に考えられます。こうした状況を作らないための対策として、産業医という存在がいます。企業に勤める人も、産業医の存在を知らない人が多いかもしれません。ただうつ病といった心療内科へお世話になる場合、先に産業医と接点を持つケースが多いのです。その中で異常が見られた場合は心療内科へ通うといった流れになるため、先に相談をする相手が産業医になります。

健康管理を含め、労働者のケアにあたるのが産業医の仕事です。心のケアを行ない、少しでもストレスを軽減するために動いてくれるので、産業医がいると働きやすい環境なのは間違いありません。それでも何らかのきっかけで心の病気を発症する場合もあるため、心療内科の力が不可欠になります。産業医は、臨機応変に対応出来る術を知っています。会社で嫌な事があったなどと悩みが尽きない場合、どのように乗り切れば良いのかを伝授してくれます。大きな会社なら、すでに産業医を常駐しているでしょう。経験と知識から、様々な視点から指導と助言を行なうため、産業医が今非常に必要な時代なのです。心身共に良好な状態まで持っていくこと、またこれ以上悪化させないための負担軽減など、産業医は心療内科と同じく沢山の仕事をこなしていきます。病院を訪れる前に接点を持つ相手ですから、これから社会に出る人は参考までに覚えておく必要があります。

メンタルが不調の場合は、心療内科にお世話になった方が早く完治します。ただ、医療スタッフと産業医含め、心療内科に通う前の接点は避けきれないかもしれません。こうした取り組みは時代の変化と共に加速しています。ただ任せるのではなく、各企業も必要性を今一度見直すべきで、専門医である心療内科とタッグを組み、メンタルヘルスのケアに力を入れる必要があります。診療内科や産業医といった、メンタル治療を中心に活動をする団体について知っていき、知識を増やしていきましょう。

TOP